ニシカワの歩み

大正7年創業。もうすぐ100歳のニシカワです。

自動車部品が第一歩。大型精密機器生産企業まで成長。

株式会社ニシカワは大正7年創業。現在の日産自動車、三菱重工の部品生産供給からのスタートでした。研鑽し技術を磨き間もなく100年。ハイテクノロジーとヒューマニティーの融合を常に心に抱き、ものづくりニッポンの名に恥じない発展を続けています。
 

大正7年(1918年)

戦車と自動車部品かスタート。

東京都文京区に西川吉衛が工場を開設。現三菱重工株式会社の戦車部品および日産自動車の部品等の製作を行う。


 
 

昭和25年(1950年)

ニコンと取引開始

日本光学工業株式会社(現ニコン)と取引を開始。
放射線遮蔽窓枠・屈折赤道儀・格納箱の生産を行う。


 
 

昭和28年(1953年)

会社組織化

資本金100万円で株式会社西川製作所を設立。初代社長に西川吉雄就任。


 
 

昭和35年(1960年)

工場の新設

埼玉県戸田市に敷地面積1800㎡を取得。工場を新設する。




 
 

昭和42年(1967年)

精密測定機の本格生産開始

投影機・顕微鏡等の精密測定機の生産を開始する。





 
 

昭和45年(1970年)

山形県に初進出

山形県東田川郡(三川町)に敷地面積3300㎡を取得。工場を新設する。三川町の企業誘致第一号として山形県初進出。


 
 

昭和47年(1972年)

本社移転

本社を東京都文京区より埼玉県戸田工場に移転。



 
 

昭和51年(1976年)

新部門製造開始

培った光学精密機器生産ノウハウを活かし、カメラ部門に進出。


 
 

昭和55年(1980年)

増資・新体制

西川吉治、代表取締役に就任。資本金を2400万円に増資。
後、昭和61年に資本金を4850万円に増資。

 
 

昭和57年(1982年)

マシニングセンター新導入

マシニングセンター・平面研削盤・CNC旋盤を導入。




 
 

昭和62年(1987年)

設備新設

塗装ロボットおよび搬送システムを新設する。





 
 

平成2年(1990年)

山形県鶴岡市に敷地面積10000㎡を取得。鶴岡工場を新設し大型工作機械を導入。

株式会社ウエステックを設立
別会社設立 小物部品自動整列装置製作を主要業務とする別会社、株式会社ウエステックを設立。


 
 

平成3年(1991年)

株式会社ニシカワへ

CIを導入。
社名を「株式会社西川製作所」から「株式会社ニシカワ」に変更。


 
 

平成10年(1998年)

鶴岡工場の増設

鶴岡工場第2棟完成。
製品の大型化に伴い工場施設の拡大。


 
 

平成11年(1999年)

ISO認証の取得

ISO9001認証取得。



 
 

平成16年(2004年)

鶴岡工場第三工場 新設

大型五面加工機を2台導入
三川工場に恒温室を新設

 
 

平成17年(2011年)

自動体外式除細動器AED設置

 
 

平成19年(2007年)

鶴岡工場第二工場増設

大型研削盤1台を導入する

 
 

平成21年(2009年)

西工場取得(敷地面積1632㎡) 全国企業品質優秀賞受賞


 
 

平成23年(2011年)

東工場取得(敷地面積1278㎡)


 
 

平成24年(2012年)

全国企業品質 大賞受賞